時代の移り変わりと、それに伴うデータの保存媒体の変化について考えます。

データ入力のプロになる

NAVIGATION

時代による保存媒体の変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネットやPC、携帯電話、スマートフォンなどといったIT機器が登場する前は、データは、紙ベースで作成や保存、整理などされるのが一般的でした。
そのような方法でデータを管理する場合、広い保管スペースが必要となる他、整理などに掛かる時間やエネルギー、コストも多くなります。
また、紙ベースで保存されたデータは、不要になった場合、焼却したり、燃えるゴミとして廃棄したりする必要があり、そのための手間暇やコスト、自然環境への影響なども軽視することは出来ません。
しかしながら、「インターネット時代」や「IT化時代」などと呼ばれる現代では、パソコンや携帯などの機器を使って、ハードディスクやブルーレイディスク、DVD、コンパクトディスクなどといった記憶媒体にデータを保存することが多くなってきております。
そういった種類のデータを作成する場合には、手書きで書類を作るのとは違って、キーボードやタッチパッド、マウスなどといった入力装置を活用してスピーディーに作業が進むというメリットがあります。
ただし、携帯電話などのボタンを押下してテキスト入力をする場合には、キーボードを使うよりもスピードが落ちる傾向が強いので、気をつける必要があります。
また、その種の記憶媒体を使えば、少ないスペースで大量のデータを保管することも可能になります。
それに、不要なごみの排出も少なくすることが出来るので、エコ対策にも貢献することが出来るでしょう。


Copyright(c) 2017 データ入力のプロになる All Rights Reserved.