このカテゴリーでは、データ入力者を募集している求人案件について解説します。

データ入力のプロになる

NAVIGATION

データ入力者の募集案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
求人情報を紹介する雑誌や、インターネット上のウェブサイト、フリーペーパーなどを閲覧していると、「データ入力者」や「キーパンチャー」などを募集する案件を見かけることがあります。
ただ、「キーパンチャー」という言葉は、現在ではあまり使われなくなっており、「データ入力者」などに変更されてきているそうです。
ひと言でデータ入力と言っても、アンケートの回答等といった手書き文字や名刺、紙ベースの住所録、伝票などのベタ打ち入力や、オリジナル記事のライティング、リライト、文章校正、海外ショッピングサイトへの商品登録、ソーシャルブックマークなど、バリエーション豊富な数多くの作業が含まれる場合があります。
つまり、キーボードやマウス、タッチパッドなどといった入力装置を使って行う作業全般のことを、「データ入力」と呼ぶことも出来ます。
例えば、短期的に紙ベースのデータをベタ打ち入力するアルバイターを募る、スポット案件なども数多く存在します。
また、そういった種類の作業は、必要なソフトのインストールされたパソコンなどがあれば、何処でも行うことが可能です。
そのような事情から、在宅ワークや内職などといった名目で応募者を募るケースも少なくありません。
それら在宅のデータ入力案件は、作業時間などを自由に設定出来ることが多いので、OLやサラリーマンの副業や、主婦の小遣い稼ぎ、学生のアルバイトなどとしても好意的に選択されているようです。


Copyright(c) 2017 データ入力のプロになる All Rights Reserved.