従来の内職と、データ入力の在宅ワークとの違いについて説明します。

データ入力のプロになる

NAVIGATION

内職と在宅ワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
データ入力の仕事は、メモ帳やExcel、Wordなどといったアプリケーションソフトが搭載されたパソコンがあれば、時間や場所を選ばずに行うことが可能になります。
さらに、インターネット接続されたPCやモバイル、スマートフォンなどの環境が整っていれば、求人情報の検索や応募、受注、納品、請求書の送付、報酬の受け取りなど、ありとあらゆるプロセスをウェブ上で行うことが出来る場合もあります。
そのような利便性を活かして、ネット上で、データ入力の「在宅ワーカー」や「内職者」を募集する個人や企業も少なからず存在します。
かつて、インターネットやIT機器が登場する前には、衣類の縫製や部品の組み立て、小物作りなど、手先の細かい作業を行う内職が主流でした。
従来の内職は、高齢者や、身体障害者など、外へ働きに出るのが難しい人々が、仕方なく取り組むなどといったイメージが定着しておりました。
しかし、「内職」という呼称は、最近ではあまり使われなくなり、代わって「在宅ワーク」や「在宅アルバイト」、「在宅副業」などといった言葉が使用される機会が増えているようです。
新しく登場した在宅のデータ入力案件の中には、時代の先端を行くIT機器などを使う他、誰にでも取り組める簡単な仕事内容のものも少なくありませんので、多種多様な属性の人々によって好意的に利用されているようです。
中でも、仕事や家事、子育て、学業などに追われて時間的余裕の無い人が取り組むケースは少なくありません。


Copyright(c) 2017 データ入力のプロになる All Rights Reserved.